Uchuzenshi Q&A 2

satsuki
ID : 882023035514

目風様 みわ様 虚空蔵55様
いつもありがとうございます。

世界人類が平和でありますように

今回の感染症は情報戦争のようにも見えますが、介護の職場も周りも何を根拠として動いているのか、まったくもって的を得ない対応に振り回されています。他国はもう他の話題に進んでいるようですが・・・。
お年寄りの元気は明らかに無くなってきています。明るい性格の方は比較的元気かな・・・という感じを受けます。

私はこのところ自分の心の混乱状態をとにかく書いて、五井先生の中に投げ入れるという想いで投稿させて頂いております。

先日は、そんな混乱と陰鬱さが極大値のようになり、いつもの絶望感も破壊的な想いを伴って、もう終わりにしたい、死のう・・・という状態になっていました。

そんな茫然自失の時に、無明庵のホームページを通勤電車の中で真剣に読んでいました。
自分の絶望感と、あまりにも全てが壊れ果て、一貫性もなくぐちゃぐちゃで体たらく、やる気も、生きる気もなく全部がどうでもいい状態と感じている状態が、EO様の書かれている絶望、悟りへの道とは全く違うものだということに気が付きました。
今までの自分ならそれを同一視してしまい、さらに絶望感を募らせてしまうだけでした。
事実それが分からずに、事実憔悴していっていました。

あまりこうだったのだとは書きたくはないですが(おそらく今の状況から抜け出したくないと思う部分が、まだあるからと思います。)、
今回無明庵、EO様の文章、み教えに触れて、今この自分の状態が、
「子どもがいじけて、あまりにも物事をどうしていいか分からずに、精神的に方向性を見失い、いじけ倒してもう嫌だ!こんなにぐちゃぐちゃになった人生、何にも為せなかった人生、どうしていいか分からなかった人生、もう死ぬしかない・・・」と駄々を言って落ち込んでいるのだとおもいました。
EO様のおしゃる絶望とは似て非なるものであったのだなぁと感じました。

そこにはやはり、自分はもっとできる存在だ、という自尊心が根底にあり、
恥も外聞も捨て去って謙虚に一から生きていくという姿勢の欠如があります。
自尊心がそんな自分が可哀そうというものと結託して、自分を空に閉じ込めていると言ったらいいのでしょうか。
そうしたものが今自分の全身を妨げているような感じです。

自分は絶望しているんだ、起きれないんだ、立ち上がれないんだ、立ち上がってはいけないんだ、という考えになっていたとはいえ、今まで感じていた徐々に絶望感が縮小していくのを感じています。
そこに至るには、長年の虚空蔵55様、みわ様、ここ宇宙全史でお守りくださる方々、祈りの会の先生、守護の神霊、EO様、全ての全ての五井先生のおかげさまであることは間違いないです。

ここまで何とか食らいついてきた仕事に意義を感じられず、また仕事がなくなることに恐怖感を覚え、また職場がはやり病騒動で迷走し、医療も介護も希望がないと見えてしまう。

当初、まともに働くことがままならない自分が、紆余曲折でやっと正社員としてたどり着いたのが介護職でした。介護を選ぶ時も、もうこれしかないと思っていました。
あぁ、やっと自分もちゃんとお給料をもらえるんだ・・・。
外を堂々と歩けるんだ・・・。健康保険証がもらえる、なんかうれしいな。
そんな想いで安堵を覚えたと思います。
嬉しかった。

途中、何度も辛さを覚えて、祈りの会の先生に相談し、何度も五井先生のご著書の
「目の前の仕事を一生懸命する」というところを読んで、それを拠り所に仕事にくらいついてきました。
他に何をやったらいいのかというのが分からなくて、考えられなくて、唯々、盲目に突き進んでいく感じでした。くらい絶望感と挫折感を伴いながらでしたが、いつか道は開けるんだ・・・。
そう思っていました。

落ち込んでもちょっと回復したら、まだいけるか、まだできるか・・・そんな感じでやってきました。
辞めて違う仕事をしてもいいんだよ、という言葉を送って下さる方もいましたが、
柔軟に考えられない自分は、心が悲鳴を上げているのを、無理に抑えるような感じで突っ走っていたのでしょう。
嫌だと感じてしまうけど、会の先生が、五井先生がこう書いているから・・・
「目の前のこと仕事を真面目にやればいい。」「そうしたら楽になる」そんな風に思い、
それに「自分には他は出来ない」という想いもあり、また職場を変えることに、罪悪感を感じていました。

ここ数か月は、世の中の情勢を感じ、また今の仕事の中で心が怒りとやる気のなさで荒れ狂う中(今は少し落ち着いてきているようです)、
辞めて本当に、まんだらけにもう一度チャレンジしたいのかどうかをずっと自分に問うています。
そして踏ん切りがつきません。

葛藤をしながら、そんな中でも、徐々に見たいアニメ、やりたいゲームにもう一度手を出してみるということが出来てきて、それを楽しんでいる時間も取れて来ています。

まんだらけへの応募書類を作る最初の段階が中々進んでいないのですが、応募するしないに関係なく、
自分の好きなことを徐々に取り戻している感じがあります。

先日落ち込みが激しいときに、無明庵関連のブログを見つけ、
そこにEO様の幾何学図形に関する書き込みがありました。

「そのコピーなり、トレースした図形を枕の下に敷いて寝ると、それに関連した夢を見ることができる」というものでした。

2年前に購入させて頂けていた、「虚空の辺境」から、今自分に必要なキーワードの図形をコピーし早速実行してみると、なるほど、夢を見ることが始まりました。
使用しているのは「解放」「治癒」という図形です。

実はここ20年近く、夜、夢を見ることがほとんど無くなっていました。
今43才ですが、20代前半以降は夢を見なくなっていきました。
何で夢を見ないんだ、見れないんだろうと悲しく思っていました。

でも今は夢を見ている・・・。
幾何学図形を枕の下に敷いて夜寝出してから、夢を徐々に見だしました。
そうすると、普段の心がちょっとずつ落ち着いてきているような感じを覚えています。

夢を見なくなる前は、状況的には学校、教室、仲の良かった女の子の出現という状況が多かったように思います。学校生活がベースで暗く固まっていました。そこから出られない感じでした。
20代初頭に神秘的な夢もあったのですが、それっきりでもう見なくなっていました。

再び見だした夢はやはりそういった状況が出てきています。
しかし、ちょっと変わってきています。

昨日はEO様のお骨を、一緒に枕の下に敷いて休ませていただいたところ、
夢の中で当時仲の良かった女の子(年はとって出てきていました)が話しかけてくるなど、
暗く固定された状況ではなく、全体的に夢にどこか動きが出てきています。明るさもありました。

今日は珍しくステルス戦闘機のような、UFOのような不思議な金属の機体が出てきました(ちょっと錆が入っていたように見えました)。
飛び方も自在のようで、すぐに夢は終わりましたが、
「あ~自分もこんな夢が観れた!」と本当にうれしくなりました。

自分を解放したい、そういう想いが今強いです。

幾何学図形を使い始めてから、前は強烈な挫折の記憶、後悔の念を呼び起こしてしまっていた、感じてしまっていたアニソンを以前より楽しく聴けるようになり、また同じように感じていたアニメを徐々に人目を気にせず観れるようになり、今自分にゲームをすることを段々と許せるようになってきました。

先日の落ち込みからEO様の文章にふれ、
「生きるんだ、生命を生かすしかないんだ」という想いに変わってきたように思います。

葛藤の最中、今の状況を書かせて頂きました。
いつもありがとうございます。
葛藤続いていますが、お祈りと共に生きていきます。

世界人類が平和でありますように
守護霊様 守護神様
虚空蔵55様 目風様 古川会長 遊撃手様
みわ様 アンドロメダの皆様
EO様
月読の大神様
地球霊王様 太陽神様
植芝先生
五井先生ありがとうございます

2022・8・30

今回無明庵、EO様の文章、み教えに触れて、今この自分の状態が、
「子どもがいじけて、あまりにも物事をどうしていいか分からずに、精神的に方向性を見失い、いじけ倒してもう嫌だ!
こんなにぐちゃぐちゃになった人生、何にも為せなかった人生、どうしていいか
分からなかった人生、もう死ぬしかない・・・」と駄々を言って落ち込んでいる
のだとおもいました。
EO様のおしゃる絶望とは似て非なるものであったのだなぁと感じました


その通りで、EOの絶望と一般人の絶望はまったく異なっています
そこに気づかれたのは幸いでした

もう少し突っ込みますと、完全覚醒に至るには(その入り口に至るには)、「全てに絶望しなくてはならない」という怖ろしいセオリーがあります
そこはどなたも見たくないところでしょうが、厳然とした事実でもあります
もうすぐ御祭舟の「35部品」が出ますが、そこで詳細が語られるはずです

しかし一体誰が「全き絶望」を経験したいと望むのでしょうか?

「宇宙全史」は、「35部品」で新たな段階に入っていきます

(スーザンさんのまた長い質問が来ていますが、今のところ本当に時間がなくてお答えできません
出来るときにチャレンジしますが、気長にお待ちください)


目風


SO&SO
ID : 783688056

いつも御祭舟をお楽しみ頂き、有難うございます。
10月1日に公開を予定している「御祭舟」第二章 第一話ですが、公開は10月20日へ延期とさせて頂きます。
お待ちになられている皆様にはご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

この10月20日には、マイノリティのマイノリティによるマイノリティのための月刊WEBマンガ雑誌「菩経彌逅(ボヘミア)」がスタートします。
・「御祭舟」第二章 第一話は「菩経彌逅」と平行して公開を行いますので、合わせる形で日程を延期する事となりました。
・今後、「御祭舟」は「菩経彌逅」が刊行される、毎月20日に公開予定となります。
※「御祭舟」第二章 第一話は、特別に無料公開となります

「菩経彌逅」には、才能あふれる様々な作家のマンガが連載されますが、こちらに「御祭舟」の連載も予定しております。
もちろん、今まで通り宇宙全史のサイトから「御祭舟」をご購入する事も出来ますが、合わせてお楽しみいただければ幸いです。

■菩経彌逅(ボヘミア)のサイトはこちらから
https://www.mandarake.co.jp/bohemia/

ID : 177934847570

初めてお便りを致します。月面到着に関しては以下の2冊の本が参考になるかもしれません。ただしその内容が正しいかどうか私には判定できません。この概念を否定するためにたくさんの人々が コメント欄などで徹底的な罵詈雑言を浴びせていました。しかしもう20年近く前の本でありますから 後から見つかった新しい証拠によってこの発表の時の概念を打ち消すのは簡単なことでしょう。

それこそな目風様のおっしゃった陰謀論的な情報を陰謀論で打ち消す動きだと思われます。

我々ほぼ全ての人間は五感を超えての情報取得はできません。だから公開情報を頼るしかない。隠されている公開情報を見つけ出すしかない。

その情報がどのようなシステムによって隠されていたのかまたは加工されて出てきたのかということを読み解く力がなければ公開された情報をもって全ての人々が騙されるこれはあり得ることであります。

アポロに関しては日本国内における米国隷属派とでも言える人たちが宗教のようにこれを認識していますので、理系の方が誰も深く考えずに物事を見る。

アポロは必ず月面にいったのだという絶対前提から動こうとしない。もし目風様の仰ったとおり11号はいっておらず、12号から17号まではいっていたのだとすれば、月面における認識で行っていた行っていないの二つの状況が同時に存在しているわけです。

だからこの月面着陸有人活動という領域に引き寄せられた魂はいずれにせよ全てコントロールのもとにあると分かります。勝手にいっているだけですが。

ーーーーー

アポロは月に行ったのか?―Dark Moon 月の告発者たち 単行本 – 2002/9/1

メアリー ベネット (著), & 4 その他

登録情報

出版社 ‏ : ‎ 雷韻出版 (2002/9/1)

発売日 ‏ : ‎ 2002/9/1

言語 ‏ : ‎ 日本語

単行本 ‏ : ‎ 321ページ

ISBN-10 ‏ : ‎ 4947737344

ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4947737342

ーーーーー

人類の月面着陸は無かったろう論 単行本 – 2004/6/21

副島隆彦 (著)

登録情報

出版社 ‏ : ‎ 徳間書店 (2004/6/21)

発売日 ‏ : ‎ 2004/6/21

言語 ‏ : ‎ 日本語

単行本 ‏ : ‎ 307ページ

ISBN-10 ‏ : ‎ 4198618747

ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4198618742

ーーーーー

これらの諸本の発売者たちも作者たちも、もちろん金儲けのためにこういうものを作っているのであり、全てが本当だと信じるわけにはいきません。

しかしそれはこの世界における書籍と言われるものの全てがその構造を持っているから、その前提で入らない方が間抜けなのだという言い方になります。

これらの情報に関してはとうにご存知かもしれません。今更というのもあります。 知っていたのであれば申し訳ないと一言申し述べておきます。

私は掲示板に掲載されることを求めてはおりませんが業務上必要であるというのであれば ハンドルネームのところを○○などで伏せ字にしておいていただければ助かります。

私は昨今の宇宙全史掲示板がかき混ぜと言うか、入れ替わりと言うか、動きがないので少々寂しく思っておりました。

だから本当は投稿したいという気持ちはそんなに大きくはなかったのですが、何らかのネタの一つになれば良いと思って投稿いたしました。あしからず。

漫画の事は私は深い読み手ではないので何とも言えませんが、大変だろうなということだけはわかります。

最後まで描ききれるよう、お体に無理をなされないように日々を精進研鑽してお過ごしください。もちろんこれも余計なお世話ですが。

2022・8・27

玉串
ID : 437496965

ふとお導きを受けたのか、御祭舟 第一章 第三章「JUMU」を拝読させていただきました、玉串と申します。だいぶ昔に宇宙全史掲示板にお邪魔させていただいたのですが、虚空蔵55からお名前が変わられたのですね…全く見ていなかったので最近の展開に全く付いていけませんが…

閉塞空間のトポロジーの叙述が見事でした。一方通行で完結してる、というのがまさに、という感じがしました。

私は自ら閉塞空間に近い環境を作り上げ、孤独に苦しみながらも、そのおかげで仕事がかなり楽になりました。仕事はすぐに終わるので、残りの時間は集めた書籍を楽しみつつ、のんびり余生を楽しんでいます。この漫画が読めたということは、まだ古川先生と同じ世界線にいられているようでよかったです。

閉塞空間のトポロジー、もうちょっと詳しくしていただけたら、とも思ったのですが、これからまだ書くことが控えていらっしゃるようですので、差し控えることにいたします。

最近ヒブノセラピストとして世界的に有名なDolores CannonのConvoluted Universe(5-Vols)を読んでいて、今4巻目の6合目くらいまで読んだのですが、さまざまな被験者の潜在意識が語る宇宙構造がかなり刺激的です。扱う範囲の幅広さはなかなかのもので、興奮しながら読んでいます。

以前とは違う角度で、宇宙全史のストーリーを眺めることができるようになりました。ベッタリ無批判に受け入れるのではなく、適宜比較検証しつつ読んでいます。

最後に、ザコバシショウとはこれいかに(笑)
浪速友あれ、素敵な漫画を、ありがとうございます。世界最高の精神世界を描ける唯一の漫画家、古川先生のますますのご健筆を祈念申し上げます。

2022・8・17


面白かったので、御祭舟 第一章 第二話も買って拝読致しました。paypal決済だと、すぐに読めるので大変便利ですね。導入して下さいましてありがとうございます。

テレパシーを遮断する携帯を作るためにレアメタルがいる、という点で思い当たることがありました。

このレアメタルを採掘するために、各惑星に作業ロボットを派遣して、強引な採掘作業を行っていないか?という点です。Dolores CannonのConvoluted Universe 5巻シリーズの中で、この採掘作業ロボットだった過去世を持つ人の退行催眠記録があって、興味深かったので思い出しました。

あと、まんだらけの梅田店に行ったことはありますが、マンモスの化石があることには気が付きませんでした。

あと、この宇宙には全部で10億くらい銀河系があって、その中には生命や惑星を持たない銀河系連合もある、というのを今日知って驚いたばかりでした。(Dolores Cannon, Convoluted Universe Vol.4 Chapter 26)
ラ宇宙とオーム宇宙内の銀河系で、生命や惑星を持たない銀河系連合というのはあるのでしょうか?……まったく本筋とは関係ないですね、すみません。

ところで今の地球には、どこか上次元から応援要請がかかって、いろんな銀河や、セントラルサンや、宇宙創生に関わるグループなどから、ボランティアで大量に地球に生まれてる人たちがいる、とDolores Cannon, Convoluted Universeで読んで、そうなのだろう、と信じています。
そこで、虚空蔵55様と目風様の動向で全てが決まるのだとすれば、宇宙各方面からせっかくはるばる応援に来てくれたのに、彼らの振る舞いいかんで、その応援が水の泡に帰してしまうのだろうか?という印象も受けました。

……そんなこんなで、楽しいひとときを過ごせました。
素敵な漫画です。間違いなく、世界最高レベルの精神世界の漫画です。
古川先生のますますのご健筆を、陰ながらお祈り申し上げるばかりです。

2022・8・18


突然失礼いたします。
わたくしただいま夏休み中で、実家のDIYに取り組んでいるところです。畳の部屋をフローリング化しよう、ということでホームセンターで化粧合板を買ってはカットしてもらい、失敗してはまた切ってもらったり、と苦戦しました。結果、フローリング化には成功しました。
そして、ちょうどふすまも破れていたので、ついでにふすまの張り替えもやろう、と思いたちました。

インターネットでふすま紙を探していると、和風の見事な絵柄のものから、なんと、アサヒペンさんから北斗の拳のふすま紙まで出ているということを初めて知りました。驚きました。

北斗の拳があるのなら、宇宙全史の霊査に基づく、奇怪な図像のふすま紙、のような商品が将来販売されたら面白いかも、とふと思いたちました。ふすま紙でなくても、意味不明で不気味な図像のインテリア商品があったら面白いかも、とふと思いたったので、メールを送らせていただきました次第です。突然、申し訳ございません。

それでは、明日からもDIYを頑張ろうと思います。古川先生のますますのご健勝をお祈り申し上げます。失礼いたします。

2022・8・22


度々申し訳ございません、初期に少しだけ宇宙全史をかじった者です。今は、日常生活も安定して、のんびりと起伏のない人生を楽しんでおります。過去にしでかしたご非礼の節はお詫び申し上げなければなりません。その節は申しわけございませんでした。

今になってなぜたびたび発信しているかと申しますと、宇宙全史から出されるグッズやオブジェの販売はないのでしょうか、と申し上げたくてメッセージを送らせていただいています。

過去、日本では、足立育朗さんという建築家の方が形態波動エネルギー研究所という施設を立ち上げられました。
http://www.noruures-ifue.jp/indexj-2.html

そこからグッズやオブジェが販売されていて、私も3つほど購入しました。チタンの鍋と、風呂の水を正常に変換するというチタンプレートと、風呂敷の3つです。真元素の形態がそれぞれプリントされていて、いい感じでした。
直感的に気に入ったので、未だに愛用しています。

宇宙全史の実査に基づく、波動調整グッズやオブジェ、などは今後販売されないのでしょうか。

限定販売の漫画で優先順位の枠がすぐ埋まる状況で、わたしがそれを入手することは叶わないのかもしれません。
それは自業自得で仕方がないとしても、せっかくこれだけの情報を取れる方なのですから、波動調整製品や奇怪なオブジェのような何かがあったらもっと面白くなるのに、という思いがいたしました。惜しいです。

同じようなメールをたびたび申し訳ございません。

限定販売の漫画が即座に完売する状況ですから、私だけではなく、多くの方がお喜びになられるのではないかとも思います。

何かご検討いただけましたら

2022・8・25


2022・8・26
のメッセージを拝読させていただきました。貴重なメッセージありがとうございました。

アメリカのスピリチュアル界の巨人、ドロレス・キャノンというヒブノセラピストの一連のシリーズを読んで、気づかされたのです。

宇宙全史には、他の星系からの支援については書かれていなかったな、と。だから、相対的に見えるようになった。虚空蔵55だけがヒーローではないです。

闇の存在による不正の追求は、宇宙全史にしかできないことでしょうし、
ジャーナリスティックに不正の追求が深まることを、お祈り申し上げます。

以上「メッセージを拝読しました」という記録を残します

2022・8・28


目風
ID : 4362092582

2022・8・26

せっかっく確認が取れたので、ちょっとだけ書いておきます

現在ティック・トックで「キューブリック監督の遺言にようなメッセージ映像」
が流れています
「君たちはニュースをそのまま信じるのかね」
というようなコメント付きで、月面着陸の撮影現場が映されています
これは宇宙全史の初期の頃に「人類は月にっていない」という情報を少しだけ漏
らしていたことがあった事と深く関係しています。

そこを深く掘り下げていなかったのには訳があり、「行っていない」を証明する
だけの材料がなかったからです。
宇宙全史では明確で客観的な証拠がなくても、古川の明晰性を透過させたものは
すべて許可が出るのですが、これだけは厳しいハードルがありました。

①月面に着陸しなかったのはアポロ11号だけ(それ以降はちゃんと行っている)
②「着陸しなかった」という事実を、どうやってナサ関係者・その他全員に隠蔽
できたのか
③ヨーロッパのどこかで着陸場面を撮影しているのですが、それがどこなのか、
誰が撮ったのか明確ではなった(ヨーロッパというのもハッキリしていない)

他にもあるのですが、主にこの3つの命題が解決していなかったので、ずっと保
留になってたままでした
それがここに来てキューブリックという有名な監督の証拠映像が公開されている
という事になり、少し書いておこうという気になったわけです

またそのずっと前にアポロ11号の乗組員の方の内部告発のようなものもあったと
思います
こうして少しずつ陰始の絡んだ人類史が暴露されていくのでしょう。
怖いのは「陰謀を隠すための陰謀説」というのを賢い陰始連中はやっています。
つまりどうでもいいような陰謀説、UFO情報を少しだけ流し、浮ついた陰謀説を
広めることで、本筋に目を向けさせない「またそんなこと言っているのか」とい
う風潮を作っています
それに流される「浮ついた超常現象大好き派」や、逆に「常識気取り屋」が本当
の陰謀に目を向けないように加担しているわけです
この辺りの構造は、単純ですが効果があるようですね

目風